もしも避妊に失敗したらアイピルで回避

アイピル

アイピルは緊急避妊を目的として国内で認可されているノルレボのジェネリック医薬品であり、その安全性も高いことから世界中で利用されているピルです。
低用量ピルのように定期的に服用するタイプのピルではなく、避妊に失敗してしまった時に緊急で服用するピル、つまりアフターピルとして利用されています。
日本の病院で処方されることはないことから、通信販売で購入したり、個人輸入で購入することができます。

アイピルは避妊失敗後に24時間以内に服用すると0.95(95%)の確率で避妊することができると言われるほど高い効果が魅力のピルとなっています。
一般に、アフターピルは72時間以内に服用しなければならず、それ以降にアフターピルを服用したとしても避妊に失敗してしまう可能性があるため注意が必要です。
避妊に失敗した場合、避妊の成功率を上げるためにはできるだけ早くアフターピルを服用することが大切です。
この点、アイピルも避妊失敗後にできるだけ早く服用することによって避妊が成功する可能性が高くなります。
避妊に失敗してから24時間以内に服用すれば0.95(95%)という高い確率で避妊に成功するため安心です。
24時間以内に服用することで望まない妊娠を回避することができますが、避妊に失敗したことがわかってからできるだけ早く服用した方が妊娠回避の成功率も高くなる傾向があります。

アイピルは緊急避妊薬であるため常用するものではありません。
身体の中に備わっている自然なホルモンバランスを急激に変化させることから、その分身体にかかる負担も大きくなるため注意が必要です。
用法用量を守って正しく薬剤を服用する必要があります。
ネット通販などで事前に購入することができ、万が一の際に備えたお守り代わりになりますが、服用の際には正しく服用することが大切です。
使用する前にアイピルの特徴や服用の仕方、副作用などについてもきちんと理解しておくことが大切です。

アイピルを服用しても生理周期は変わらない

アイピルはネット通販で購入することができるので、わざわざ医師に処方箋をもらって薬局で購入せずに済みます。
そのため、事前にネット通販などで購入しておいて、万が一避妊に失敗してしまった場合に服用するという活用の仕方ができます。
アイピルのようなアフターピルはできるだけ早く服用することによって妊娠を回避する可能性も高くなりますから事前に準備しておくと安心です。
お守りとして準備しておくと、万が一の際にも避妊が可能となります。

アイピルを服用したとしても生理周期が変わることはありません。
アイピルは緊急避妊薬であることから、低用量ピルのようなピルよりも強い成分が配合されています。
アイピルは女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの量を変化させることによって、卵巣からの排卵を停止し妊娠を防ぐ効果を有しているからです。
つまり、アイピルを服用することによって強制的に生理になった状態を作り出します。
これは身体の中に備わっている自然の生理周期とは全く異なる原理で生理になった状態を作り出すということを意味しています。
そのため、アイピルを服用したとしても自然に発生する生理周期は変わらないと言えます。

アイピルを服用した後出血が確認できれば避妊に成功したこととなりますが、この出血には個人差があることから、数日で出血する人もいれば、出血が起こらない人もいるため注意が必要です。
アイピルの服用の効果として起こる出血は通常の生理周期とは関係がなく、薬の効果として発生するものです。
この出血によっても通常の生理周期は変わらないことをきちんと理解することが大切です。
通常、生理周期前にアイピルを飲み、予定日近くで生理が始まった場合には通常の排卵であると判断することができます。