エストロゲンが減少したらどうなるの?

更年期障害を抱える女性

エストロゲンとは女性ホルモンの1つで、卵胞ホルモンとも呼ばれています。
女性の妊娠、出産、授乳には欠かせない大切な成分で、女性らしい体型を維持したり髪や肌の美しさを保つはたらきもあり、思春期からホルモンが徐々に活発になっていきます。

女性には誰にでも、加齢に伴い更年期症状を起こす時期がやってきます。
これは、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することにより指令を出す脳に近い部分の自律神経が乱れ、全身の更年期症状を起こします。
もともと神経質だったり生活環境などで個人差はありますが、一般的には閉経後の女性に多く見られる症状です。

更年期症状では体の様々な部位に違和感を感じることがあり、体調不良だけれどどの診療科を受診すれば良いのかわからないと悩む人がたくさんいます。
多く見られる症状としては性交痛や尿漏れなどで、多くの人が若い頃には感じたことがない悩みを抱えています。

なぜこのようになるのかというと、加齢により骨盤底筋が衰えたりするという要因もあります。
女性ホルモンが減少して自律神経が乱れることで膀胱が過度に委縮してしまい、その回りの粘膜までもが委縮するため少量でも尿意を感じやすくなってしまうというメカニズムです。
頻尿程度であればそこまで生活に支障をきたすことはありませんが、症状が進むにつれて不意に尿意を感じてトイレに間に合わないという尿失禁にもつながりかねません。

さらに膣近辺も委縮するため、以前よりも性交痛を感じやすくなったり、膣にかゆみを感じたり自転車などですれて痛むことから膣炎も起こしやすくなってしまいます。
こうした尿失禁や膣炎などの症状がある場合は更年期症状が原因の可能性が高く、放っておいても日常生活に良い影響はないため、お医者さんへ相談してみることをお勧めします。

その他、エストロゲンが減少し閉経後に気を付けなければいけないことは、過度なダイエットです。
女性ホルモンの減少は骨密度の低下につながり、骨粗しょう症の要因にもなるため無理に痩せると症状が悪化しやすくなるため注意が必要です。

エストロゲンを増やす方法

エストロゲンが減少し女性ホルモンの産生が少なくなると、誰でも更年期症状を起こす恐れがありますが、自分の努力でエストロゲンを増やす方法があります。

食生活においては、エストロゲンを多く含むイソフラボンを多く取り入れると良いです。
手軽でお勧めな食材は、大豆イソフラボンが豊富に含まれている納豆や豆腐で、調理の手間も比較的少なく安価で済むため食卓に取り入れやすいです。
豆乳をドリンクとして飲んだり、鍋や味噌汁に入れるだけでも効果的です。

今話題になっているDHEAというホルモンは、サプリなどでも簡単に摂取できるものとして高い人気を得ています。
若返りホルモンとも呼ばれており、肌のつやが出たり髪の毛への潤い、女性らしい体型を維持するなどのアンチエイジング効果、さらには骨粗しょう症の予防も期待されています。

DHEAは青魚からも摂り入れることができるため、食卓でもおいしく手軽に摂取できるホルモンです。
美味しさを感じながら、エストロゲンを増やせることはとても理想的です。
お肉ばかり食べていた若い頃の食生活を見直してみるきっかけにもなるでしょう。

エストロゲンを増やして女性ホルモンの産生を維持するにはこうした食生活が需要になりますが、やはり食事だけではなく適度な運動をすることも大切です。
運動が苦手な人や体力に自信がなくても、無理なく自分のペースでできるウォーキングや、ゆっくりとした動きでできるヨガなど、何でも良いので自分が楽しく続けられそうな適度な運動を生活に取り入れてみましょう。

このように、加齢を恐れずに今の自分の体調を維持するための工夫はたくさんあります。
いくつになっても健康的で若々しい自分でいられるように頑張りましょう。