低用量ピル服用で生理不順やPMS改善

生理不順で悩む女性

低用量ピルを活用すれば生理不順やPMSといった、女性特有の症状を改善・緩和する事も可能です。
生理不順となってしまう原因の1つに挙げられるのが、女性ホルモンバランスの乱れです。
ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、排卵が上手く行われずに生理のサイクルが不順となってしまうケースも少なくありません。

低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンと同じ作用をする成分が配合されています。
服用する事によって体内の女性ホルモン量を、一定にキープする事が可能です。
生理不順解消のために低用量ピルを服用するという場合、28日間本薬を服用し続けます。
その後の7日間は服用をストップするか、有効成分が含まれていない偽薬を服用します。

28日間、低用量ピルを服用し続けた後に、生理が始まるという仕組みです。
生理の周期を正常と言われる28日にコントロールしやすくするのが、低用量ピルの効果です。
生理不順だと旅行などの予定も立てにくくなりますし、何より不妊症なども心配になります。
上手く低用量ピルを活用して生理不順を改善しましょう。

生理不順と同じく悩んでいる女性が多い「PMS」も、低用量ピルに配合されている有効成分の作用によって、改善・緩和する事ができます。
PMSは排卵後にプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が、一気に増える事で起こりやすくなるのが特徴です。

イライラしたり不安が強くなるといった精神的な症状から、頭痛や腹痛、眠れなくなる、バストのハリ・痛みといった身体症状まで様々な不快な症状が起こります。
低用量ピルにはプロゲステロンと同じ働きをする成分だけでなく、エストロゲンというもう1つの女性ホルモンと似た作用のある成分も配合されているのが特徴です。

プロゲステロンとエストロゲンのバランスが上手く整うので、低用量ピルを服用しておくとPMSの症状が起こり難くなったり、予防するという効果が現れます。
生理は毎月やってくるものです。
上手く低用量ピルを活用して、生理不順やPMSといった症状を解消していくと、より女性の生活の質がアップするのでおすすめです。

PMSはどれくらいの期間続くのでしょうか?

近年、女性の間で浸透している「PMS」、一体どのくらいの期間続くものなのでしょうか。
PMSは別名「月経前症候群」とも言われる症状で、この文字通り生理前の黄体期に起こりやすいのが特徴です。
排卵してから生理が始まるまでの間が黄体期という期間となります。

排卵後はプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増え、身体も妊娠しやすいような状態へと変わっていきます。
生理前になると身体がむくみやすいと、感じる方も多いのではないでしょうか。
生理前のむくみもPMSの症状の1つとされており、プロゲステロンの作用によって起こるものです。
水分を溜め込んでより妊娠しやすいように身体作りを行います。

身体の変化だけでなくPMSには精神的な症状も出やすいのが特徴です。
排卵を起こすには女性ホルモンのバランスを一気に変えなくてはいけません。
エストロゲンという女性ホルモンの分泌量を減らして、変わりにプロゲステロンを増やしていきます。
この急激な女性ホルモンバランスの変化に身体がついていかず、身体的なもの以外にも精神的な症状を起こしやすくなるようです。

PMSは個人差もありますが生理が始まる前、約10日から16日前後から起こりやすくなります。
生理が始まると徐々にPMSの症状は収まっていくので安心しましょう。
ただ、毎月のように生理前になると心身共に不快な症状が出てしまうのは、女性として辛いものです。
PMSを予防するにはストレスを解消する、身体を冷やさないといったケアが良いとされています。

ただ、あまりに症状が辛い場合は医療の力を借りて、改善する方法が良いでしょう。
低用量ピルを服用するといった治療によって、PMSの症状を改善・緩和できます。
生理前になると精神的にも身体的にも辛いという方はPMSを疑ってみて、まずは婦人科やレディースクリニックに相談してみてはいかがでしょう。