更年期障害の症状を緩和するならクリマラで改善

更年期障害の女性

クリマラは主成分にエストラジオールという女性ホルモンを含有し、更年期障害及び卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状や泌尿生殖器の萎縮症状などを改善します。
さらに閉経後骨粗鬆症や性腺機能低下症、原発性卵巣不全などによる低エストロゲン症の改善などにも効果があります。

女性が閉経を迎えると、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少します。
すると個人差はありますが、様々な身体の変調が起こるようになります。
たとえば、顔がほてったり、のぼせたり、さらには異常な汗や疲労感、不眠などの症状も更年期障害の代表的な症状です。
またコラーゲンの生成が減少するので膣の乾燥を起こりやすくなり、膣の壁の炎症や性交時に痛みがでたりするようになります。

これらの更年期障害の症状を緩和するなら、クリマラはとてもおすすめです。
クリマラを使用することでエストロゲンの低下を防ぎ、女性ホルモンのバランスの乱れを整え、正常化させることができるからです。

また、クリマラの裏技的な使い方として評判となっているのが男性の女性化です。
クリマラを使用すると女性ホルモンが増えるために男性の女性化効果が起こります。
そのため性同一性障害などで女性になりたい男性に人気があります。
男性ホルモンに関しては、完全にストップさせることはできるわけではありませんが抑制効果はあります。

クリマラの使い方は、腹部もしくは臀部にパッチを貼るだけです。
効き目は1週間続き、1週間経過したら新しいものに交換します。
副作用は使用初期に、ホルモンバランスの変化によって吐き気や食欲不振をもたらすことがあり、男性ホルモンが低下するために性欲の減退も見られます。

ところで、ダイアン35のような低用量ピルもエストロゲンが含まれているので女性ホルモンの減少を補うことができ男性ホルモンも抑制します。
しかし男性の女性化ではなく、女性の男性化症状の改善のほうが期待できるでしょう。

女性化を目的とした場合はクリマラが効果的

クリマラを使用する際にはパッチを1枚貼って、7日間効果を持続させます。
クリマラは卵胞ホルモンであるエストロゲンという女性ホルモンを皮膚の上から浸透させる効果があります。
女性ホルモンのエストロゲンが低下すると、ほてりや発汗、不眠や膣の乾燥といった更年期障害の特徴的な症状が現れます。
クリマラのパッチを皮膚に貼ることで、エストロゲンが体内に吸収されるので、女性ホルモンのバランスが整い自律神経の働きも改善されます。

卵胞ホルモンは身体を女性らしく成長させる働きがあるので、男性の女性化効果も期待できます。
クリマラは飲み薬とは違い皮膚に貼るタイプなので、血中に直接ホルモンを補給する事ができます。
そのため女性化効果の効き目も大変高くなります。
天然成分から出来ているので副作用の心配がなく、お薬のように肝臓に負担をかけることもありません。
一度張ったら7日間そのままで良いので、薬のように飲み忘れるといった心配もありません。
クリマラを貼ると女性ホルモンが増えるので、胸に張りが出て、ゴツゴツとした体型からふんわりと柔らかな女性らしい体型になります。

女性化効果のあるものとして、低用量ピルのダイアン35があります。
ダイアン35には女性化効果の高い卵胞ホルモンと、男性ホルモンを抑制する酢酸シプロテロンの成分を配合しています。
男性が服用した場合には、筋力や体力が低下して体がふっくらと女性らしくなります。
男性ホルモンが低下するので、疲れやすくなったり、夜眠れなかったりといった副作用が現れます。
ダイアン35を長期間使用すると、精子機能自体が次第に衰退していきます。
将来精巣に損傷を受ける確率が大変高いので、精子や胎児に奇形が出る可能性が非常に高くなります。